成人式を終えて思うこと

久しぶりの更新になります

先日、知多市でも成人式がありましたね

今年もMinetteでは成人式のお手伝いをさせていただきました

やはり振袖を着た姿はとても綺麗ですね

最近ですとお母さんが着ていた振袖を着る子も増えているようですね

20年ほど大事にしまってあってそれを着て成人式に向かう姿を見るとなんだか感慨深いものがあります

成人式のスタイルの流行りなんかも年々変わりつつあります

髪型だったり、飾りが盛りだくさんだったり、振袖の柄であったり…

時代の流れを感じる1日でもありますね

派手な格好の子もいたりするのが成人式ですよね

中には花魁と呼ばれる格好をしている子がいます

本来なら花魁は最上級の扱いらしく肌は一切見せず、とても綺麗に着付けるらしいのです

肩をはだけさせる格好は夜鷹と言って最下級の格好のようです

そういう歴史的なことを調べると面白いですし、間違った見解をしてはいけないなとも思います

2、3年後には18歳から成人になるというのでその時の成人式はどうなるのか気になるところです

また、3月4月になると卒業式や入学式などイベントがあって着物を着る機会が増えるかと思います

その時はまたお気軽にお問い合わせ下さい