βeatercreamについての補足

https://taksuzuki.com/post-1166/

前回のブログでβeatercreamについて書きましたが、補足をしておきます

購入されているお客様もいらっしゃると思いますので今一度使い方の説明をしておこうと思います

最初に申し上げておきますが、βeatercreamはしっとりとした質感にはなりません

ですので、しっとり感を出したい方はβeatercreamをつけて流した後に日頃使っているコンディショナーやトリートメントをお使いいただき質感を調整してください

Minetteではここ1ヶ月毎日お客様にβeatercreamを使用しておりますが、とても使いやすいと実感しております

従来のトリートメント(サロン系のトリートメントも含む)は、しっとりさせるものが多かったと思います

もちろんしっとりさせることもトリートメントの仕事として大事なことです

消費者側もトリートメントはしっとりするものだと思っていらっしゃる方が多いと思います

ですが、本来日本人の髪の毛はハリコシがあり艶々なはずです

しっとりさせすぎると、ベタつく原因にもなりかねません

カラーやパーマ、縮毛矯正など様々な技術で髪にダメージが蓄積されパサつきや艶が無くなるということは多少なりとも出てしまうのはしょうがないことなのですが、トリートメントでしっとりさせすぎて次にカラーなどしたときに染まりにくくなったりするという弊害もあります

しっとりさせすぎないということにはきちんとした理由があるのです

βeatercreamは使い続けることによって髪を強くしてくれる効果が期待できます

ハリコシが出て艶が戻ってきます

髪と永く付き合っていくためにホームケアを見直してみませんか?